長期優良住宅に係る税額控除制度の創設


長期優良住宅(いわゆる200年住宅)の新築等をした場合に、その標準的なかかり増し費用の10%をその年分の所得税額から控除(最大控除可能額:100万円。1年繰越し可)する。
(適用期限:長期優良住宅に係る法律の施行日から平成23年12月31日まで)

(注)上記は、現行の住宅ローン減税、バリアフリー改修促進税制、省エネ改修促進税制との選択制


長期優良住宅に係る税額控除制度の創設


閉じる

税理士 横浜市 竹元税理士事務所wrote