平成21年及び平成22年に土地等の先行取得をした場合の課税の特例の創設


法人が、平成21、22年に土地等を取得した場合には、取得の日を含む事業年度終了の日後10年以内に、所有する他の土地等を譲渡したときの譲渡益の8割(22年取得分については6割)相当額を限度として課税を繰り延べる(圧縮記帳)。
(注)個人事業者についても同様の措置を講ずる。

平成21年及び平成22年に土地等の先行取得をした場合の課税の特例の創設



閉じる

税理士 横浜市 竹元税理士事務所wrote